自力のポスト鍵交換は安上がり~手順を知ればポストも楽にチェンジ~

盲点になりやすいポストこそガードを高める! 盲点になりやすいポストこそガードを高める!

ポストの鍵は自力で交換することも可能

カギの形をした家

郵便ポストの鍵交換をするなら、管理会社に相談をしてから、専門業者に施工してもらうのが手っ取り早いです。しかし、業者だと施工費用が生じてしまいます。費用を安くしたいなら、自身の手で鍵交換を行なうという方法もあるでしょう。

鍵開け業者にポストの鍵交換に関する質問を聞いてみました

鍵の交換作業を自分で行なうことは可能ですか?
可能です。大抵の賃貸マンションなら、鍵交換は管理会社がやってくれますが、稀に自分でやってと言われることもあります。ただし、新しい鍵と交換で使う道具をそろえるのは勿論、専門的な知識を知った上で、交換をしましょう。
どのような鍵でも交換出来ますか?
自分で鍵交換を行なう場合、メーカーによってはパーツ交換出来ないものもあります。着手する前に、現在設置している鍵のメーカーはパーツ交換出来るかを調べておきましょう。無理だと判明したら業者に頼ったほうがいいです。

鍵の交換時は正しい方法で取り付けを行なう必要があります

鍵交換は、自力でも行なえる作業ですが、手順を間違えてしまうと失敗してしまいます。作業のやり直しをすると、必要な道具の買い足しなどで余計な費用が生じてしまいます。費用を安く抑えるためには、正しい方法を把握した上で交換作業をしましょう。

安全性の高い鍵を選ぶのがおすすめ

正しい作業手順を把握しておけば、自分で行なう鍵交換の費用を安く抑えられます。それに、新しい鍵は防犯性の高いものにすれば何度も鍵交換をしなくて済むので、予算や防犯性の面で大助かりです。

鍵を選ぶ際はなるべくダイヤル式以外の鍵を選ぶのがベストです

郵便ポストの防犯性を高めるためには、ダイヤル式以外の鍵を設置するのがおすすめです。専用キーを差し込むタイプなら、暗証番号を覚える必要がないからです。ダイヤル式のようにガチャガチャと回され、偶然暗証番号が当たってしまい開錠されるリスクが少なくなります。

TOPボタン