ポストの鍵交換をする必要性~犯罪トラブルのリスクを最小限化~

盲点になりやすいポストこそガードを高める! 盲点になりやすいポストこそガードを高める!

集合住宅のポストは様々な鍵が使われている

ポスト

集合住宅の郵便ポストで使用されている鍵は、建物によって違うタイプが備えつけられています。鍵のタイプによってメリットとデメリットが異なります。こちらで、郵便ポストに備えつけられている鍵の種類についてみていきましょう。

ポストで活用されている鍵のタイプ

一般的なダイヤル式の鍵
オーソドックスなダイヤル錠で開錠と施錠方法に慣れるまで若干時間を有します。ダイヤルを左右どちらかに一回転、逆に一回転回して数字を印に合わせて開錠と施錠するタイプで、最初から暗証番号が決まっています。
暗唱番号が変更出来るダイヤル錠
開錠と施錠方法は、通常のダイヤル式と変わりありませんが、暗証番号の設定が自由自在に変更出来ます。好きな番号を自分で選べるタイプなので、変更する際は忘れられない番号の組み合わせを選びましょう。
シリンダー式の鍵
専用のキーを用いて開錠と施錠をするタイプで、扱い方は簡単です。開錠と施錠時は、キーを持ち歩かなければなりません。紛失のリスクが高いので、キーホルダーをつけて所持しておくと失くしにくくなります。
ボタン式の鍵
Cボタンをプッシュしてから暗証番号を押すと開錠され、扉を閉めただけで自動ロックがかかる珍しいシステムです。ダイヤルを回す・キーを所持する手間が省けるのと、施錠のし忘れを防止しやすいです。

鍵のタイプによって、メリットもデメリットも様々です。郵便ポストの鍵交換をしたいなら、開錠が不可能となるリスクを最小限にしましょう。無理やりこじ開けるために、鍵を破壊せざるを得ないようなことにならないよう、デメリットに注意しながら選ぶといいです。

鍵交換は郵便物の紛失を防ぐのに有効

ポストの鍵が古いと、簡単に壊されやすいです。郵便物の中には、個人情報という大切な情報も記載されています。そのため鍵を破壊されると、郵便物を見られるなどして被害が拡大してしまうでしょう。

ポストの鍵を壊されることで遭う恐れのある被害

  • 手紙類に記載されている宛先名や住所などから住民や家族の情報がわかる。
  • 郵便物が誰でも見られる状況になるため、盗難被害に遭いやすい。
  • 個人情報流出で、振り込め詐欺・架空請求の被害に遭うリスクが高まる。

個人情報が悪用される危険性が高いです

郵便受け

自宅に届く郵便物には、光熱費やクレジットカードの請求書情報から、住所・氏名・電話番号などの個人情報が豊富に詰まっています。振り込め詐欺と言った犯罪トラブルに巻き込まれないためには、ポストの防犯性を強化しましょう。

たかが郵便物と侮って、ポストの防犯対策を怠ると、重大な犯罪トラブルに巻き込まれてしまいます。ポストの鍵が古くなったと気付いた時点で、大切なお届け物を犯罪者から守るためにポストの鍵交換をしておきましょう。ポストの鍵交換の方法としては、自分でやるか専門業者に依頼するかの2択になります。自分に最適な方法を選択しましょう。

TOPボタン